Mioread

アニメ大好き、ゲーム大好き、そんな俺の庭です。ぼやきや近況報告等。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WUGオンリー新刊「Sorry for Goodbye」についてあとがきの様なもの

ご無沙汰しております。
久しぶりのエントリーになります。


3月20日大田区産業プラザpioで行われた「同人誌即売会やらせてください!2016」に、これまた久しぶりにサークル参加してきました。WUGジャンルは初めて。新刊も出しましたよ。

なんか前回個人誌出したのが2013年の冬コミらしくて、それ以来2年3ヶ月ぶりの漫画。制作期間中ブランクに結構苦しめられた気もしますが…

とにかく久しぶりだったため自分の作業スピードが全く把握できていなかったこともあって押しに押した締切、最終的に入稿できたのはイベント前日の朝10時でした(そんなギリギリまで対応してくれる印刷所があることにまず驚き)。

本を読んでくださった方に対してのお礼、言い訳であるところの「あとがき」すら、たった2行しか書く時間の無いほどの強行軍だった訳ですが、それだとあまりにもあんまりなので、読んで頂けるかはわからないけどブログであとがきのような物を公開しようと久しぶりのエントリーという訳でした。



という訳でここからあとがきとなります。

先ずは改めて本を読んで頂いた皆様ありがとうございました。

そして拙い絵に対して、本当にすみませんでした……
本来ならもう少し丁寧に絵を描ければ良かったのですがなにぶん制作時間が足りなくて…

それというのも実は理由がありまして。今回の本は菜々美のWUG本編、特にBtBのカバーストーリーというコンセプトでお話を描いてみましたが、実は僕自身はWUGだと七瀬佳乃ちゃんが大好きです(そして女の子だと青山吉能ちゃんが好きです)。

だもんで、初めてのWUG同人誌はやっぱり大好きな七瀬佳乃ちゃんで描きたいなという想いが強くあって、今年の1月頃から佳乃本の制作をしてたのですが、どうしても後一歩プロットが纏まらず。その制作中息抜きのつもりで、本編BtBを観ている時に思いついていた、菜々美の話をまとめていました。

これが2月の上旬には既に殆どできていたのですが、先の理由でとにかく佳乃の話を捻り出したい。「どうせ今回は佳乃本出すのだから菜々美本の作業はその後で!」と粘った結果、佳乃プロットを諦めた時にはすでに修羅場確定なタイミング……やーっちまったなぁ。

ですがまぁ、結果的にこの3月のWUGオンリーというタイミングでこのお話を世に送り出せたのは良かったのかなぁと思います。ご一読頂いた皆様はご存知の通りこの話は本編BtBを補完したいという趣旨の内容ですので、あんまり本編公開から期間が開いてしまっても良くなかったと思うので。


菜々美は本編で光塚の夢を諦めてまでWUGという夢を選びました。その決断を決定付けたのはやっぱり仲間であるWUGのメンバー達との絆だったのだと思います。

光塚受験に専念すると決めた時から、WUGを始めて以来の孤独な時間に、改めて自分にとっての仲間の存在の大きさに気付いたからこその決断。

決して仲間に対する「罪悪感」申し訳なさではなく、仲間と一緒に光を見たいという「祈り」。

菜々美にとってBtBがそんな前向きな決断だったと信じてこの話を形にしました。

そんな菜々美の、芽が息吹くような決断を見守ってくれたWUGメンバーや社長に松田、そして菜々美の夢を幼い頃から応援してくれていたであろう両親の存在を描いてみて、結果的にはとてもWUGらしい暖かみのあるお話になったんじゃないかなぁと、その事を嬉しく思っています。


ただ1つ気がかりに思っていることがあって、結構個人的な話なのですが、真夢の言葉で言えば「私たちにしか歌えない歌が歌いたい」と言ったところで……

今回の話は「BtB本編にプロットとして存在していたもの」ぐらいのものを目指して、本編を探るようにして作ってあります。

この本で、菜々美父(パパみん)が菜々美との電話の後、グリーンリーブスの事務所に電話をかけるシーンを描いてみましたが、実際BtB本編のWUGが東京に向かうシーンでは新幹線のホームに社長と松田は居合わせていませんので2人が事務所にて他の仕事を行っていた可能性はありますし、菜々美父からの連絡を受けていたからこそ東京に菜々美の衣装を持ってこれていたのかも?と考えると筋は通っているのかなと思うわけです。

こうなると、これやると菜々美だけが主人公になり過ぎてしまうからやらなかったけど実はBtBにもこんな感じのプロットが実際に用意されていたんだよ…と妄想するのはさすがに飛躍しすぎでしょうか。

ただ、そういった経緯の元作成した話でしたので、どうしても本編に密に寄り添う内容になっていて、僕自身この話は極端な言い方をすると誰が書いてもこうなるであろう話になったなと考えています。だからこそ、そこにあるけれど見えてなかっただけの物語、「Cover Story」と銘打ってみた訳です。

このこと自体は狙ってやったことですし、特に悪いことでもないのかなと思っていますが、そこには他の誰でもない自分だからこそ感じられるキャラクターへの共感、コンプレックスやイデオロギーを介在させる余地はあまりなかったなぁとも、ありのままに思っています。


なので次こそは是非佳乃を主人公にそういった話を描いてみたいです。もしかしたらめっちゃハードルが高いことなのかも知れないですが、自分の中の佳乃が好きという想いを乗せることだけでもできれば良いなぁと考えてます。


以上あとがきでした。
最後に改めて新刊とぐだぐだと長いこのあとがきを読んでいたことに対して、ありがとうございます。
感想等は、是非エゴサしやすいよう「Mioread」のサークル名を添えて呟いていただけたら嬉しいです…なんて。



それでは長くなってしまい

ごめん、さようなら。





なんちってっ言ってみたりして……






スポンサーサイト
[ 2016/03/23 02:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

下に告知あります

まーた三ヶ月も空いてしまいました。

ブログって何書けばいいんですかね?創作とか書いちゃう?

新年度入ってやっと怒涛のアイマスラッシュ落ち着いてきてすこーし自分の活動に目をやれる余裕が出てきました。
余裕っていうかやっとやる気出てきました。アイマス以外はだる~んって感じでしたので。


アイマスといえばやはり二月のSSA。そして今月初頭の舞浜。どっちもいきましたよ~。
SSAは両日、舞浜は二日目昼会場の残り二つはLV。(ちなみに六月のミリオンは二公演ともLVな可能性濃密…)

ちなみにアニサマの二日目も友人に取ってもらって確保できました。ついにアニサマデビューです。
直近のイベントは5月18日のTUTAYAo-nestのるーりぃ達がでるイベントです。えりコンも行きたいところ。あとホントはGWのるる初MCも行きたかったです。
SSAを経て立派な箱推しDDの出来上がりですよ。


イベントばっかやないかい。だってたのしーんだもーん。
ホントは毎回レポとか書けば良いのにね。あーそれいいですね、今度から書きます。
今度のイベ多分ソーシャルNGなんで早速書けないんですけど。

ライブの時はほぼ毎回打ち上げやって感想語っちゃうし、ツイッターでちょこちょこ感想書いちゃうので満足しちゃうんですよね。
アイマスのおかげでいっぱい友達できたけど自分ひとりの世界の比率が必然的にさがってますね。

でもやっぱり、そういう世界も大事にしないといけないと思うので今年度こそもっとブログ更新の頻度上げたいと思います。文章書く練習も兼ねて。


とりあえず告知です、六月の頭にある歌姫庭園内シンデレラメモリーズ3に出ます。
シンデレラ1st一緒に行って一緒に感動した友人と共同で新刊つくってるよ。一ヶ月しかないとか何の冗談だよ。

夏コミもいろいろはじめてます。去年と同じく自分のとこと中央の、ワセマスはいまんとこ表紙担当の予定。

怒涛のアイマスラッシュ終わったその隙にササッとやるつもりが9thまさかのツアー6公演だからね。ちょっと乾いた笑いがこみ上げてきますね。コミケアイマスデイとどっかぶりの名古屋二日目とかね。行くけどさ。
そんな感じで今のところ9thは希望としては大阪1,2公演、名古屋日曜(土曜はさすがにあきらめた!)、東京両日の4~5。

絶対夏までにSSAディスク化するよね…輝きの向こう側へ!もするよね……どっちも一生のたからものな思い出だし一刻も早く購入したいよね……


うぅ、お金も時間もない……



うぅ…ああぁ……ああああああアイマスじごぐぎもぢいいいいいいいい!!!(アヘ顔Wピース)

[ 2014/04/28 19:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

だぶーん。


なんか去年もいろいろあったのに気づいたら新年始まっててゆっくり一年を振り返ることもできてなかったな~って知人のブログ見てたら思ったので突然ですが2013年のアニメの振り返りをします。


とりあえず去年一年で見たアニメ一覧を。
最後まで(多分)観たものだけです。途中で諦めちゃったのは載せてません。

ラブライブ!‎
RDG レッドデータガール
IS 〈インフィニット・ストラトス〉2
進撃の巨人
翠星のガルガンティア
ステラ女学院高等科C3部
有頂天家族
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
閃乱カグラ
世界でいちばん強くなりたい!
神のみぞ知るセカイ 女神篇
境界の彼方
げんしけん 二代目
たまこまーけっと
超次元ゲイム ネプテューヌ
とある科学の超電磁砲S
Free! (アニメ)
フリージング ヴァイブレーション
BLAZBLUE Alter Memory
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
ゆゆ式
恋愛ラボ
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
ワルキューレ ロマンツェ

(再放送)
THE IDOLM@STER
ガールズ&パンツァー

(以下放送中)
弱虫ペダル
キルラキル
黒子のバスケ
マギ The kingdom of magic
ストライク・ザ・ブラッド


結構観てますね。一年で100本とか観てた頃に比べると大分減りましたが。
あと京アニ作品全部みてます。京アニはなんだかんだで最後まで観させるから流石です。
以下それぞれの感想です。結構適当かつ厳しめに書いてると思うのでご了承を…

[ 2014/01/30 22:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ご挨拶


輝きの向こう側へ!の上映開始ですっかり舞い上がり昨日は勢いで映画の考察記事をあげましたが、そもそも新年初のブログ更新だったのにもかかわらずなんの挨拶もまだでした。

新年明けましておめでとうございます~。
昨年は色々充実した一年になりました。お世話になった皆様ありがとうございました。
本年も改めてよろしくお願いします。

それとコミケもありがとうございました&お疲れ様でした。
今年も一年頑張って自分なりにアイマス応援に全力を尽くして生きたいと思います。


結局更新が一月の末まで待つことになりましたが一月の間何度か更新しようとは思い、その都度昔のブログ記事を読んで満足していました。ちょっと前の自分の文章ってなんか良いですよね。こんなおもしろくてリズムのある文章書いてたのか俺って感心します。

しかも書いてる当時はその更にちょっと前の自分の文章が良いと思ってたりします。
過去と現在、そして未来の俺は同じ一人の俺なのに。不思議なもんです。

それは短いですが、今年も現場でお会いしましょう~。

[ 2014/01/29 03:26 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

輝きの向こう側へ!

ついに劇場版公開されました!

とにかく考察を書きたくて仕方ないので書きます。
自己満足ではありますがこの映画の描きたかったメッセージを汲み取るための手助けになればと思い書きます。

※注意(必読)

・当然ながらネタバレだらけです。観視聴の方は読む前に是非劇場へ。あとTVシリーズについての抽象的な言及もあります。どちらも観ている前提で書くのでシーンの詳細な流れはあまり書きません。

・あくまでも勝手な自分の主観です。パンフレットも未読の状態ですのでスタッフの意図したところと大きく異なる解釈も含むと思います。また視聴回数二回なのでセリフの引用に多少間違いがあるかも……

・その上で、読んでいただいた方々が次回観る時こういう観かたもあるかと手助けになる様書きたいですが、1プロデューサーの戯言ということを念頭においていただきたいです。先入観を持ってみることを断じて推奨しません。

・自分にしては珍しくテーマやシナリオについてのみです。それだけで語れるほど深い衝撃を受けたのですがあまり具体的にカットやシーンやスタッフの話を挙げることを重視しないので(キリがないです)ご自身の記憶と次回以降の視聴を参考にしてください。




では、以下考察となります。



[ 2014/01/27 23:52 ] 日記 ゲーム・アニメ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゅう

Author:じゅう
同人サークル『Mioread』のブログ
自分で絶賛不定期更新中!
当ブログはリンクフリーです

こっちもよろしくお願いします

 pixiv   twitter

連絡先(メールアドレス)
イラストの依頼等、ご相談受け付けております。

jyu.carlczerny●gmail.com
→@にしてご入力ください。

その他SNSでの連絡も受け付けています。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。